理化学研究所は10日午後、文部科学省でSTAP細胞問題の研究不正に関する緊急ブリーフィングを行い、関係者の処分が発表された。 

 元発生・再生科学総合研究センター長の竹市雅俊氏については、給与の10分の1(3か月)の自主返納を行うこととし、STAP論文の共著者でもある元多能性幹細胞研究プロジェクトリーダーの丹羽仁史氏については、文書による厳重注意とした。

 また、STAP論文の当事者である小保方晴子氏と、若山照彦氏の両氏については、既に理研を退職した立場ということから、本来は懲戒処分の対象者にはならないものの、小保方氏には懲戒解雇相当、若山氏には出勤停止相当、との判断を発表した。小保方氏は研究不正が認定されたことや社会的影響力の大きさを、若山氏は当時の研究室長で論文の共著者であることなどを勘案して決めたという。

※生中継およびアーカイブ動画は、当ページ内の動画プレイヤーでご覧いただけます。

STAP細胞問題での告訴や研究費返還「理研として検討している」

[写真]理化学研究所による会見の様子

【中継概要】
日時:2月10日(火)午後3時開始
場所:文部科学省

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします