今回のテーマは「制球力」。意図した場所に投げられることは誰にでもできる業ではないですが、投手において意図的にストライクを取れることほど自身を助ける武器はないのではないでしょうか。全投球数のうちストライクが何球あったかを示す「ストライク率」や「ボール球」が占める割合などをもとに投手の制球力についてみていきたいと思います。

※各表では、2014年に先発した投手の中から20試合以上登板の選手を基準にベスト5を選定しました。

[表1]ストライク率上位5傑

 まずは、表1「ストライク率」。こちらは先述しました通り、全投球数におけるストライクの割合で、ファウルや見逃し、空振りなどのストライクとなったものすべてを含んだ数値です。昨年の各リーグ平均ストライク率はセ・リーグ(64.1%)、パ・リーグ(63.5%)となっております。

 ストライクの数では、当然のように両リーグ奪三振王がランクイン。セのメッセンジャー、パの則本がそれぞれリーグ唯一の2000ストライク超えでトップとなっています。ストライクを稼ぐ点では、この2人が制球力に優れているというデータが出ております。そのストライクの内訳を各表とともに見てみたいと思います。

[表2]空振りストライク獲得数 上位5傑

各表の内容は以下の通りです。
表2:空振りで獲得したストライク
表3:見逃しで獲得したストライク
表4:ファウルで獲得したストライク
表5:ボールとなった数

[表3]見逃しストライク(S)獲得数 上位5傑

 則本は、空振り、ファウルでともに首位、見逃しストライクにおいても2位となるなど、球威、制球力の両面でストライクが取れていることが推測されます。それを証明するように、空振りで獲得したストライクの数で他を圧倒。倍近くの空振りストライク率を誇っており、少々コースが甘くなっても力で空振りを取れるピッチャーであることが示された形となっております。ちなみにパの平均は9.5%なので、その数値がいかに優れたモノかがうかがえ知れます。四死球数も少なく、空振りでも見逃しでもストライクを取れるこの奪三振王は、パを代表する制球力と球威を併せ持った投手と言えるのではないでしょうか。