腎臓を患うと生野菜をあまり食べられない?

[写真]富士通がレタスを作っている?その最新の野菜生産方法とは

ご存知ですか?
実は、国内に1,300万人いる(注)ともいわれる腎臓を患う方々は、生野菜をあまり食べられないそうです。

(注)日本腎臓学会編CKD診療ガイド2012

原因は生野菜に多く含まれるカリウム。 腎臓を患うとカリウムの排泄が滞って体内に蓄積され、血液中のカリウム濃度が上昇して不整脈に陥ることがあります。そのため、そのまま生で食べるのは避けた方がよく、水に溶けやすい性質のカリウムを茹でて少なくするなど、食べるときに工夫がいるのです。
リーフレタスは、そのカリウム含有量が多い野菜の一つ。サラダでおいしい野菜ですが、腎臓を患う方々は、リーフレタスを食べる際は上記のように何かしら調理しないといけませんでした。本人も家族も、いろいろ大変だったのです。

そんな、腎臓を患う方でも、カリウムを気にせずに生で食べられるのが富士通が作る「低カリウムレタス」。このレタス、なんとカリウム含有量を約80%も低下させた画期的なリーフレタスなのです。

なぜ富士通がレタスを栽培しているのか。その想いと理由に、FUJITSU JOURNAL編集部が迫ります。

会津若松Akisaiやさい工場 Photo Gallery

レタス栽培は半導体製造工場の建物を転用

[写真]新島八重でおなじみの福島県会津若松市にある「会津若松Akisaiやさい工場」。

低カリウムレタスは会津若松市にある「会津若松Akisaiやさい工場」で栽培されています。このやさい工場、実は半導体工場の空いていた建物にあったクリーンルームを転用しているのです。

なぜ、クリーンルームでリーフレタスを栽培しているのでしょう?
さっそく、工場内の様子を見学させてもらいました。

[写真]手元や足元の殺菌消毒後にエアーシャワーで除菌。

この「会津若松Akisaiやさい工場」は2013年から「やさい工場」として操業を開始。そして、2014年1月から大規模な植物工場として運用が始まったのです。

そもそも、なぜ低カリウムレタスを富士通が手がけるのか?
誰もが感じる素朴な疑問を、クリーンルームへ向かう道中、富士通ホーム&オフィスサービス株式会社 先端農業事業部 事業部長代理 佐藤彰彦さんに聞いてみました。

「ひとりでも多くの方に食のよろこびを、という想いで作っています。腎臓を患う方々にも、ぜひ新鮮な生野菜を食べていただきたい。そのために、ICT(情報通信技術)を活用しながら、半導体製造工場のクリーンルームを、野菜栽培に有効活用しているんです」

厳格な衛生管理を行っているクリーンルームで栽培することで、低カリウムという特徴に加え、「無農薬」「洗わなくても食べられるほど雑菌が少ない」という特徴をレタスに持たせることができるのです。

取材とはいえ、専用の作業着を着用し、厳重な殺菌消毒をして、ようやく入場が許されました。さて、さっそく入っていきましょう!