「触感」が変える未来のインターフェース

人間にとって情報を得るために必要な五感、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚。その中でも、約80パーセントが視覚から得られているといわれています。コンピュータのインターフェースも、視覚や聴覚に強く依存しています。

しかし、オンラインショッピングで「デザインは気に入ったけど質感がわかればもっと良いのに......」、電子書籍で「紙をめくる感覚や紙の質感があればもっと臨場感が沸くのに......」など思ったりしませんか? そこに触れるという行為が加わることで、きっと安心感が増したり、印象が変わったりするでしょう。

このような触覚を取り入れて、私たちがさらにリアリティを感じることのできるインターフェースを実現できるのではないか──そんな研究が、今、進められています。

ディスプレイ上に触感を表現することで、目で見るだけでなく、触って感じることもできるようになります。それを実現したのが"触感インターフェース"です。今回は、実際に研究に取り組んでいる遠藤主任研究員に、技術の仕組みや、今後目指しているものについて、語っていただきました。

研究者インタビュー

動画をもっと見る

超音波振動で触感をコントロール

まだ利用されていない人間の五感をインターフェースに応用しようという発想自体は、それほど珍しいものではありません。超音波振動によって摩擦をコントロールする方法も、昔から広く知られていたことです。
では、なぜ今、富士通の研究者が、タブレットでそれを初めて実現することができたのでしょうか? それは、携帯電話の時代から、インターフェースに徹底してこだわり続けた経験があるからです。

触感インターフェースは、タッチパネルの表面を高速で振動させて摩擦抵抗を変化させることで「ツルツル」「ザラザラ」といった触感を実現しています。

物体を高速で振動させると、物体表面と指との間に高圧の空気膜が発生し、その浮揚作用によって摩擦力が低減します。この現象を利用し、タッチパネル表面を超音波振動させることで、摩擦抵抗が減少した触感、すなわちツルツルと滑らかにすべる触感を作り出すことができます。