「目は口ほどにものを言う」視線検出技術で広がる未来の可能性

「目は口ほどにものを言う」という言葉があります。これは「目というものが、興味や感情、本心といった、人の様々な内面を映し出す鏡である」という意味です。それほど「目」の動きは、実に様々なことを伝えてくれます。

一般的に、人は何かに興味を持ったり、何かの行動を起こしたりする際、興味や行動の対象に視線を向けてしまいます。このような視線の動きに着目し、「人の興味や行動を先読みして、さりげなくサポートしてくれるテクノロジー」を実現しました。それが、富士通の「視線検出」技術です。

富士通研究所は、以前から、「人がどこを見ているか」目の動きを検出する研究・開発に取り組んできました。富士通のPCでは、画面のスクロールや拡大など、さまざまな操作を自動的に行う「視線アシスト」という機能で、すでに2012年10月から実用化しています。

小型センサーが埋め込まれた富士通のPC

この技術の実現には、2つの大きな課題がありました。

1つ目は「小型化の実現」。サイズが大きくなってしまうと、センサーを様々な機器に内蔵することや、センサーを自由に設置することが難しくなってしまいます。
2つ目は「低コスト化の実現」。精度よく視線を検出するためには、鮮明な画像を撮影する必要があり、鮮明な画像を撮影するために高性能なカメラとLEDを用いると、コストが高くなり、加えてサイズも大きくなってしまいます。
つまり、小型化と低コスト化の両立を求めると、撮影する画像が不鮮明となり、視線検出の要である精度が失われてしまうため、製品化がとても難しかったのです。

これらの課題を解決したのが、株式会社 富士通研究所 メディア処理システム研究所 イメージコンピューティング研究部 中島 哲主任研究員をはじめとする研究グループ。顔検出やそれを応用した人感センサーで培った画像処理技術をベースに、これまでは不可能だった不鮮明な画像からでも視線を精度良く検出する技術を実現しました。

視線検出技術のポイントについてのムービーをご覧ください。

動画をもっと見る

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします