巨人はいまだ4番を決められない

 巨人のベストメンバーが揃わない。その憂うべき事態に比例するかのようにチーム状態も上がってきていない。

 15日、QVCマリンで行われた千葉ロッテとのオープン戦では、わずか4安打の完封負け。試合前には、足に張りを訴えた坂本が「大事を取って」私服姿で球場を去った。故障していた阿部がようやく復帰してきたと思うと、今度は坂本。急遽「1番・遊撃・井端」「4番・DH・高橋」のラインナップを組んだが、打線は春冷えしたまま。

 前日は5安打1点。一向に開花の気配のない打線に、試合後、原監督は「懸命にはやってはいる。なかなか簡単にはいきません。(開幕1軍メンバーについても)故障者も含めて、もうひとつハッキリとは言えない」と厳しい表情を浮かべた。

 村田の2軍落ちにより、三塁で出場チャンスの生まれた中井もノーヒット。おまけに手痛いエラーまでして、原監督は「打つ以前の問題。打率は確か1割くらいじゃない?(起用するのは)厳しいね」と容赦なかった。

 期待も込めて、4番で使っていた大田が肉離れ、村田が不振……元気な39歳のユーティリティープレーヤー、井端がいるから、まだなんとか形になっているものの、開幕まで残り2週間を切ってスターティングラインナップの姿が見えてこない。まして、開幕4番となると、ここも?だ。

 この日、記者から開幕4番を決めているとのかと問われた原監督は「そこも(現状は)厳しいですね。決まっていると、簡単に答えることができない」と笑わずに言った。

一方、ローテーション入りが期待されている新外国人の左腕、ポレダは、5回を投げ7安打3失点、先発転向した西村が、その後を受けて3回を投げたが、こちらも4安打3失点(自責は1)で、2人共にローテーション合格と声高らかに推せる内容ではなかった。

左腕のポレダは、角度のあるボールに力はあったが、制球の精度は甘く、西村も力感がなくボールのキレに欠けた。エースの内海が故障で開幕絶望となって、現時点で開幕ローテーションが確実なのは、開幕投手候補の菅野とルーキーの高木、小山くらい。前日の西武戦で、ローテーション候補のマイコラスが打たれ、杉内も首痛で出遅れていて、大竹も、まだ存在感を示すまでにはない。春冷え打線に加えて、ローテーションまで不透明。原巨人が目指す、レギュラーシーズンのV4に加え、日本一奪回に赤ランプが点滅しているのだろうか。
 
 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします