[写真]防衛省で開発中の先進技術実証機(ATD-X)(出典:防衛省技術研究本部ホームページ)

 防衛省で開発中の先進技術実証機(ATD-X)は今年8月にも初飛行が予定されています。レーダーに映り難いステルス能力とエンジンに装着される推力偏向ノズルによる高運動能力を実証するための実験機です。このATD-Xの成果を元に大型化した将来戦闘機F3(仮称)を開発するかどうかは、まだ正式な決定は行われてはいませんが、既に将来戦闘機の開発が決定した時に備えての準備と研究は開始されています。

 ATD-Xの開発ではフランスの屋内施設を借りて模型を用いたレーダー反射断面積(RCS)の計測を行いましたが、これから日本国内に野外RCS計測施設を用意する予定です。同様の施設は中国でも建設途中の様子がGoogleマップの衛星写真で確認されており、本格的なステルス戦闘機の開発では必須となるものです。また実用戦闘機用の高出力エンジンの開発やレーダー、航空機電子装置(アビオニクス)、そしてATD-Xには装備されない内装式兵器倉の研究も行われています。

 国産ステルス戦闘機を開発するための準備は着々と進んでいますが、防衛省の行う要素研究は必ずしも兵器として正式採用され量産されるとは限らず、これまでも基礎的な研究だけ行ってそのまま終わったものは多数あります。採用されずともそれは無駄ではなく、将来への投資と保険でありどの国でもやっていることですが、果たして日本の行っている将来戦闘機開発のための準備は実を結ぶことになるのでしょうか?

 戦闘機の開発は以前と比べて大変に複雑化しています。良いエンジンと良い空力設計の機体があれば最高の戦闘機が出来上がる時代は過ぎ去り、ステルス設計、レーダー、光学センサー、アビオニクスといった新しい要素のどれもが重要です。良いエンジンがあれば良い機体が出来るという基本は変わってはいませんが、現在はステルス設計が必要となった上に高度なアビオニクスを用いたネットワーク戦闘が重視されつつあり、ソフトウェアの開発が大きな比重を占めてきました。