先月末、タレントの小島瑠璃子が出席したイベントで自身の給料について聞かれて、「普通のOLさんくらい」と話して話題を集めた。小島といえば、バラエティー番組やスポーツ情報番組のMC、雑誌グラビアなどマルチな活躍を見せて、4月からは週6本の生放送を抱えるなど、現在ブレーク中の人気タレントだ。当然、収入面もブレーク前よりも大幅アップが想像されるが、小島は「ギャラも上がったのでは?」との質問に対し、「ホリプロは給料制なので、普通のOLさんくらいと思って頂ければ」と明かした。一方、昨年から今年にかけてブレークしたお笑いコンビ「日本エレキテル連合」の2人は、1月に出演したバラエティー番組でブレーク後の給料の話題を振られると、「怖いくらい(に上がった)」と口を揃えた。さらに、中野聡子は所属事務所「タイタン」の太田光代社長から「うちは最初歩合だけど、固定の方が安心できるのか? 歩合を続けるのがいいのか?」と切り出されて、「迷いなく歩合。頑張り甲斐がある」と即答したことを明かしている。

歩合制の方が多い芸能人の給料事情

 人気タレントともなると、プロ野球選手にも負けないほどの高給取りというイメージが世間一般にはあるが、実際のところ芸能人の収入事情はどうなっているのか?

 「ギャラの話は業界ではタブーなのですが…」と前置きしたうえで芸能プロダクションマネジャーは匿名を条件にこう明かす。

 「小島さんが所属する『ホリプロ』さんのように人気タレントを数多く抱える大手事務所の中には給料制のところもありますが、中、小規模のプロダクションに関しては歩合制のところが多いですね。タレントにとって給料制のメリットは、旬やブレーク時期が過ぎてからも安定した収入を得られるところにあるわけですが、そもそも所属事務所自体の経営が安定していないと成り立たないシステムでもあるわけです。芸能人を目指すようなタイプの人は一攫千金を狙ったり、『稼げるうちに稼いでおけ』という志向の人も多く、その点においても歩合制の方が業界内では一般的です」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします