[表]山梨リニア実験線でのこれまでの経緯

 JR東海は21日、山梨県の山梨リニア実験線で高速域走行試験を実施し、時速603キロと過去最高速度を記録したと発表しました。

 同社によると、記録を達成したのは4月21日の午前10時48分で、時速600キロ以上の走行時間は10.8秒、同600キロ以上の走行距離は1.8キロ。

 山梨リニア実験線は、1997年4月に走行試験を開始し、11月には有人走行で時速503キロを記録。2015年4月には有人走行で同590キロを記録しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします