4球団競合の末、ドラフト1位で早大から日ハムに入団した注目のルーキー、有原航平(22)が15日、札幌ドームで行われた対オリックスにプロ初先発、6回を投げて、カラバイヨに許した被本塁打を含む4安打4三振2失点の内容で、0-2のままマウンドを降りたが、6回裏に中田、ハーミッダの連打からレアードの2ランでチームは逆転。1点のリードをチームは最後は増井が回跨ぎする渾身の継投で守りぬき、大型新人は幸運な形で、プロ初先発初勝利を手にした。

 プロデビュー戦で有原はフォームバランスを考え最初からセットポジションでマウンドに立った。
「僕はコントロールピッチャーですから」。その緊張の立ち上がりにプロの洗礼を受けた。一死から西野を歩かせると、中島に右前打を許し得点圏にランナーを背負い、4番のカラバイヨに1ボール-2ストライクとカウントを追い込んでから外角のスライダーを一、二塁間にうまく運ばれた。それでもT-岡田を147キロのストレートで左飛、ブランコは、ツーシームでショートライナーに斬って後続を断った。

 ストレートの最速は151キロを記録したが、先頭の糸井には、フルカウントからフォークを連投。スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートという多彩な変化球は、どれもがカウント球としても勝負球でも使えるようで、変化球を軸に、力でねじ伏せるのでなく、コントロール重視型のピッチングでアウトカウントを積み重ねていく。ある意味、新人離れした技巧派ピッチングである。

 二回は、駿太をチェンジアップでプロ一個目となるスイングアウトの三振。二死から山崎勝にフォークが抜け死球を与えたが、糸井を中飛に抑え、三回は、西野、中島、カラバイヨを三者凡退。4回にも、二死から駿太に遊前内野安打を許すが、安達をストレートで一塁ゴロに凡退させ、完全に自らのピッチングペースをつかむ。5回には一死から糸井、西野を最後はストレートで連続三振。西野へはインサイドにズバっと147キロのストレートを投げ込み、微動だにさせなかった。

 6回一死からカラバイヨに甘く入ったスライダーを捉えられ打球はレフトスタンドへ。プロ初被弾で0-2と、手痛い2点目を許した。6回を投げ終えた有原は、ベンチで厚沢投手コーチから降板を告げられた。その直後に、5回まで東明に無失点に抑えられていた打線は、一死から中田、ハーミッダの連続二塁打で1点を返してさらに二塁からレアードの2ランで逆転。一転、勝ち投手の権利を手にした有原はベンチで飛び上がって歓喜の表情を見せた。

日ハムは、7回から谷元、鍵谷、宮西と小刻みにつなぎ、ストッパーの増井が回跨ぎするという全力の継投策。1点のリードを最後まで守りぬき、スーパールーキーにプロ初登板初勝利をプレゼントした。

試合後、ヒーローインタビューに呼ばれた有原は、緊張した表情だった。
「すごく緊張したんですが、暖かい声援で投げやすかったです。野手の方が声をかけてくださって気持ちが落ち着いて、(2回から)いいピッチングができました。(逆転アーチは?)素直にうれしかったです。最後のバッターがうちとられたときに、すごくほっとしてうれしかったです」
ーーウイニングボールは?
「両親に渡そうとおもっています」
ーー肩痛で苦しんでときも、ありましたね?
「投げられない時期もあったのですが、たくさんの方に支えていただき、これからも感謝の気持ちをもって投げていきたいと思います。きょうは、勝たせてもらった試合だったので、次からは、もっといいピッチングができるようにがんばりたいと思います」
ーー今後は、どんなピッチャーに?
「任された試合をしっかりと投げられるように信頼を勝ちとっていきたいと思います」