[画像]「HKT48」のメンバーたちに胴上げされる指原莉乃

 AKB48グループが7日、福岡ヤフオク!ドームで「AKB48 41stシングル選抜 総選挙後夜祭~あとのまつり~」を行った。

 昨日6日に、同所で「AKB48」の41stシングルの選抜メンバーを決める「第7回AKB48選抜総選挙」の開票イベントを開催したAKB48グループ。一夜明けたこの日は、総選挙の“後夜祭”としてコンサートを行った。
ステージは、一昨年以来となる1位を達成した指原莉乃のソロ曲「それでも好きだよ」を新たな選抜メンバー16名で歌い上げて幕開け。4曲目の「ヘビーローテーション」ではランクインした上位80名のメンバーでパフォーマンスした。

 また、トークコーナーでは総選挙で大躍進を遂げたメンバーとして「AKB48」の小嶋真子と「SKE48」の谷真理佳、「NMB48」の白間美瑠らが、あらためて感謝の挨拶。小嶋は速報で圏外だった時、AKB48グループ次期総監督の横山由依が「大丈夫?」と誰よりも早く連絡してくれたエピソードを明かした。
「HKT48」のメンバーによるトークコーナーでは、初のランクインでいきなり31位となり「アンダーガールズ」入りを果たした渕上舞が話題になり、HKT48劇場支配人も兼務する指原も「今回の総選挙で一番の収穫」と微笑んだ。
 さらに、指原のリクエストに応え、1位になった記念として、選挙でランクインした「HKT48」のメンバー14名による胴上げも実現。何とも手荒な胴上げに、昨日のスピーチではメンバーたちのことを「大事な宝物」と話していた指原も「大事なゴミたち」と冗談交じりに毒づいて会場の笑いを誘った。

 指原はアンコール1曲目で「あなたがいてくれたから」をソロで歌い上げると、「みなさんのおかげで1位になることができました」と感謝し、「未熟な私をまだまだ支えてください」と訴えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします