「ミニマリスト」の佐々木典士さんの部屋。寝るとき以外、床には何も置かれていない状態だ(本人提供)

 先月12日に発売された佐々木典士さんの書籍「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」が、5万部を突破するヒット作になっている。部屋に置く物を自分にとって必要最小限にする「ミニマリスト」の生活を提案するもので、物を減らすと思考や生き方も変わってくるのだという。なぜ人々は、「ミニマリスト」生活に惹かれるのだろうか。

 千葉県千葉市の大学院生の男性(25)が住む一人暮らしの部屋には、机、本棚、ベッド代わりにも使う長イスがあるのみ。去年まで住んでいた宮城県仙台市の部屋も、机代わりに使えるもらいものの足踏みミシンとピアノが置いてあるだけで、夜は寝袋で就寝していた。食器は茶碗が1個、どんぶり1個、コップ2個、タッパー2個。フライパンと鍋が1つずつ。テーブル代わりには木の板を使っていた。自分に本当に必要なものだけを身の回りに置く生活をして、2年以上になる。

千葉市の大学院生の男性の部屋。長イスをベッド代わりにしている(本人提供)

 以前は家具にこだわりがあって高価なものを買い、服もお気に入りのブランドに月3万円程度のお金をかけていた。そんな生活を見直す契機になった一因は、2011年の東日本大震災。仙台市の大学に通っていた男性は、震災で多くのものが失われていく光景を目の当たりにして、「積み上げたものの意味のなさを感じた。物を所有するということの優先順位が下がった」と話す。

 大学を休学して被災地のボランティアで現地に滞在することが多くなり、家に帰ることが少なくなった男性。「意外と物がなくても生きていける」と感じたという。復学した2013年、市内の別の場所に引越した。自分にとって本当に大切なものは何かを考え、部屋に必要最小限の物だけを置くことにした。すると、「自分を律することができ、頭がクリアになった。心が散漫せずに集中できるようになり、考えが整理しやすくなった」と生活の変化を感じた。「身の回りの物について考えることは、自分の心や生活と向き合うことにつながる」と、男性は話す。