動画をもっと見る

 第153回芥川賞と直木賞が16日夜、発表され、芥川賞は羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」と、又吉直樹氏の「火花」の2作が受賞した。直木賞は、東山彰良氏の「流」が受賞した。

【アーカイブ動画】第153回 芥川賞・直木賞 受賞者記者会見

[写真]受賞した3氏。左から直木賞の東山彰良氏、芥川賞の又吉直樹氏、羽田圭介氏(撮影:山本宏樹)

 芥川賞の羽田氏は3回目のノミネートで受賞。又吉氏は初のノミネートだったが、芸人としては初の芥川作家となった。直木賞の東山氏は初のノミネートで受賞した。

 又吉氏はお笑いコンビ「ピース」として活動するかたわら今作を執筆。受賞の手ごたえについて「あかんかった時のことも考えて本当は1人でいたい。もちろん緊張感、怖さもある」などと語っていた。

(撮影:山本宏樹

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします