動画をもっと見る

 東芝の不適切会計問題で、同社の田中久雄社長が21日夕、記者会見する。

 第三者員会(委員長・上田広一元東京高検検事長)が調査報告書をまとめたことを受け、経営陣の責任などについて説明する。田中社長はこの会見で辞意を表明するとみられている。佐々木則夫副会長も辞意を表明したと報じられている。

不適切会計で東芝・田中久雄社長が会見(写真:ロイター/アフロ))

 調査報告書では、西田厚聡元社長や佐々木前社長ら歴代社長が「チャレンジ」といわれる厳しい利益目標の達成を求めるなど「経営トップを含めた組織的な関与があった」と指摘されている。利益の水増しは総額1518億円に上るという。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします