7月29日、マイクロソフトよりパソコン向け基本ソフト(OS)の最新版「Windows 10」がリリースされます。既に多くのメディアで様々な報道がされていますが、今回はリリース前に知っておくべき基本的な情報をまとめます。

最大のポイントは、既存ユーザー向けの無償アップデート

[写真]スタートメニューが復活し、使い勝手が向上する(画像はマイクロソフトのウェブサイトより引用)

Windows 10には主に家庭向けの「Windows 10 Home」とビジネス向けにセキュリティ機能などを強化した「Windows 10 Pro」の2つのエディション、そしてモバイル向けに今秋以降リリースを予定している「Windows 10 Mobile」が用意されています。その最大のポイントは、既存のWindowsユーザー向けに無償でアップデートが提供される点。ライバルのAppleは、既に「Mac OS X」のアップデートを無償で提供し続けていますが、ついにマイクロソフトも無償アップデートに乗り出すことになるのです。

マイクロソフトのアナウンスによると、無償アップデートの対象となるのはWindows 7 Service Pack 1とWindows 8.1 Updateのパソコンとタブレット端末を使用しているユーザーで、無償アップデートできるのはリリースから1年間。Windows 7とWindows 8のユーザーでも最新のアップデートを適用していないユーザーは対象外になるため、パソコンのシステム情報で現在のOSバージョンを確認し、必要に応じて「Windows Update」を使用してOSを最新の状態にしておくことをお勧めします。

[写真]アップデート前に、自分のOSが最新になっているか確認しよう

ちなみにWindows 10 MobileはWindows Phone 8.1のユーザー向けに無償アップデート提供される予定ですが、現在日本国内で発売されているWindows Phone 8.1端末は、マウスコンピュータの「MADOSMA」のみ。今後の予定では、SIMフリースマートフォン「KATANA」がフリーテルから発売される見込みで、THE PAGEでもレポートをしていますが、多くのメーカーからWindows 10 Mobileを搭載した新たなスマートフォンやタブレット端末の登場が期待されます。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします