#01 愛らしい花笠踊り

花笠を付けて愛らしい花笠踊りを披露する子供たち

 花をあしらった笠を手にして踊る「山形花笠まつり」が5日、山形県山形市で開幕した。7日までの3日間の開催で、165団体の約1万5千人が市中心部の大通りを鮮やかに舞った。

  初日は51団体の約4900人が「花笠音頭」の曲に合わせ、華麗な踊りを披露した。花笠踊りには、優雅にゆったりと踊る「薫風最上川」、力強く踊る「蔵王暁光」の2つの「正調花笠」の踊り方があるほか、笠を激しく回しながら踊る「笠回し系花笠」や「創作花笠」もある。参加者たちは「ヤッショ、マカショ」の掛け声とともに、それぞれの踊り方で沿道の観客を沸かせていた。

【関連記事】渡辺えりさんも激しく踊る「山形花笠まつり」開幕

(文・写真 安藤歩美/THE EAST TIMES)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします