#01 不思議な吹き流し

見慣れない形をした前衛的な吹き流しに人だかりができていた

街は色とりどりの吹き流しに彩られた

 約3千本の豪華絢爛な吹き流しや七夕飾りがまちを彩る「仙台七夕まつり」が6日、仙台市中心部で始まった。今年は戦後に仙台七夕まつりが復活して70回目の節目の年。仙台七夕まつり協賛会によると、最終日の8日午後4時時点までに、約184万人が訪れた。

  七夕飾りに用いられる吹き流しは、大きいもので約10メートル。開催期間中、仙台駅前からアーケード商店街の約1700メートルが、約3千本の色鮮やかな吹き流しなどの飾りで彩られた。

【関連記事】戦後70回目の仙台七夕まつり開幕 3千本の吹き流しが街を彩る

(文・写真 安藤歩美/THE EAST TIMES)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします