[写真]恒例のみんなで迎える夜明け。あいにくの曇り空だったが、空がだんだんと赤くなっていった

 8月14日・15日の2日間にわたって北海道の石狩湾新港樽川ふ頭で開催された“ロックの祭典”「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」(以下RSR)。初日は3万人、2日目は3万5000人を動員しました。途中天候が不安定になる時間帯もありましたが、多くの観客が2日限りの音楽の祭典を楽しみました。

 メインの舞台は6ステージ、およそ100アーティストが参加するフェスなので、一人ですべてを見ることはできません。そこで今回は、筆者が見たアーティストを中心にレポートしていきます。

【写真特集】6万人以上が熱狂 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015」

[写真]このゲートが音楽の街への入り口

《Drop’s》
「def garage」という将来を嘱望されるアーティストが集うステージのトップバッターは、札幌在住の5人組ガールズバンド・Drop’s。その大役の期待に見事に応える堂々としたステージで、会場のボルテージをがっつり上げました。

《BIGMAMA》
疾走感あふれるライブを展開するアーティストが中心の「EARTH TENT」は、バイオリンロックバンドBIGMAMAがトップバッター。スタートからダイブ・モッシュの嵐となるライブを披露しました。

《PE’Z》
2015年いっぱいで解散を表明している、ジャズ・インストバンドのオリジネイターPE’Z。フェス自体もラストということもあり、ベスト選曲で臨んだ今回のライブは「RED STAR FIELD」を見事にダンスフロアに変えてみせました。

《期待外れにも程GIRL(from tricot)》
3人組ガールズロックバンド・trioctから派生した期待外れにも程GIRLが「RED STAR CAFE」でアコースティックライブを披露。途中「お盆なので」幽霊化してしまう場面もあるなど、エンタメ性の強いライブでオーディエンスの笑いを誘っていました。

《水曜日のカンパネラ》
人気沸騰・コムアイさんのソロプロジェクトが、RSR初登場。客席横に車で乗り付け、客席の中を通ってステージに上るなど自由奔放な演出と中毒性のある楽曲で「def garage」を熱狂の渦に巻き込みました。

《MONOEYES》
細美武士さん(the HIATUS)率いる新バンドMONOEYESが「EARTH TENT」に登場。「MONOEYESはお客さんの笑顔を見ることができれば最高」と話す通り、明るくキャッチーな楽曲で、超満員のEARTH TENTはオーディンスの笑顔で埋まりました。

《佐野元春&THE COYOTE BAND》
ついにデビュー35周年を迎えたレジェンドがRSRに登場、その歌声で「RED STAR FIELD」を「佐野ワールド」に染め上げました。後半は80年代・90年代の音楽史を代表する楽曲を連発、老若男女問わず大合唱となりました。

《ASIAN KUNG-FU GENERATION》
初日の「SUN STAGE」のトリを務めたのは、フェスの常連ASIAN KUNG-FU GENERATION。ヒット曲と新曲をバランス良く散りばめたセットリストで、貫禄のパフォーマンスを聴かせてくれました。

《石狩市立花川南中学校吹奏楽部》
RSR17年目にして地元の中学生が初出場。初々しく健気なMCと勢いのある演奏でどんどんお客さんが増えていき、後半には東京スカパラダイスオーケストラがゲストで登場。総勢30名近いメンバーでステージを盛り上げました。