#01 ランディ・ジョンソンさんが子供たちを指導

大リーグ通算303勝の投手のランディ・ジョンソンさんによる指導

 今月17日、宮城県・石巻市総合運動公園野球場で、大リーグ通算303勝の投手ランディ・ジョンソンさんらによる少年野球教室が開かれ、宮城県・福島県の13歳以下の少年少女250人が、元スター選手らの指導に熱心に聞き入った。

 東日本大震災後、被害を受けた石巻市総合運動公園野球場の芝をメジャーリーグベースボール(MLB)とMLB選手会の寄付で再建したのが縁。ジョンソンさんの他、通算354本塁打のルイス・ゴンザレスさん、監督として3度の世界一に輝いたトニー・ラルーサ元監督と、ヤクルトで最多勝・沢村賞に輝き活躍した川崎憲次郎さんが指導した。ジョンソンさん、ラルーサ元監督らは、雨の中にもかかわらず、自ら少年たちとキャッチボールをしながら熱心に世界一流の技術、戦う心構えを指導した。

 野球教室後、ゴンザレスさんは「津波の経験をバネにして活躍して欲しい。そして、いつか震災の時アメリカから助けに来たことを思い出してくれると嬉しい」と語った。

 会場となった石巻市総合運動公園は、石巻市の仮設住宅団地の中にあり、周囲の17の仮設住宅団地ではいまだに1878人が暮らしている。
(中野宏一/THE EAST TIMES)

【関連記事】大リーグ303勝ランディ・ジョンソンさんらが被災地で野球少年少女を指導

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします