#01 日本家屋の町で

撮影:小池義弘

撮影:小池義弘

撮影:小池義弘

マツダが2010年に発表した自動車デザインのテーマ「魂動」。野生動物の躍動感をモチーフにしたこのデザインコンセプトの根源には、日本独特の美意識が宿っている。「クルマはアート」であるという哲学の下、マツダは日本オリジナルの自動車デザインを模索してきた。魂動デザインは、CX-5をはじめ、デミオ、ロードスターなど新世代車種に導入されている。その一つの到達点といえるアテンザ。そのフォルムは、海辺で、木々の中で、日本家屋の町で、日本の風景にうまく溶け合っている。【撮影:小池義弘】

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします