#01 自然豊かな美しいまち

美しい海と豊かな緑が望める楢葉町

 東京電力福島第一原発事故後に出されていた福島県楢葉町の避難指示が、5日午前0時、解除された。国は楢葉町の年間被ばく量が、帰還のめやすとなる20ミリシーベルトを下回るとして、解除を決定した。9日午前8時時点の楢葉町役場の空間放射線量は、1時間あたり0.11マイクロシーベルト。

 5日、避難指示が解除された町を歩いた。元の自宅に戻り、庭の手入れや家の掃除をしている人々の姿があった。一方で、屋根が壊れたままの家も多く、外を歩く住民の姿は少なかった。大通りでは福島県警のパトカーや白バイがパトロールし、しきりに家や車の施錠を呼びかけていた。

 サケの遡上で有名な木戸川が流れ、高台からは美しい海と豊かな緑が望める楢葉町。その大地に、廃棄物を詰めた黒いフレコンバッグが幾多も積み重なっている光景が、いまだ日常を取り戻していない町の現状を物語っていた。

(文・写真 安藤歩美/THE EAST TIMES)

【関連記事】「若い世代帰らない」「帰りたい、でもー」楢葉町民、避難解除に様々な思い

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします