[画像]社会人が授業を受けやすく 「K.I.T.虎ノ門大学院」が新研究科を設置へ

 社会人を対象にした大学院「K.I.T.虎ノ門大学院」(東京都港区)は来年4月に向けて、1年制大学院「イノベーションマネジメント研究科イノベーションマネジメント専攻」を設置する。授業は社会人が受けやすいよう、平日は午後7時から同10時10分、土日は午前9時30分から午後9時半に開講。最短修了年限を1年とした。

 新研究科では、経営を主として学んだ場合は「修士(経営管理)MBA」を取得できる。知的財産マネジメントを主として学んだ場合は、「修士(知的財産マネジメント)MIPM」の学位とあわせ、所定の単位を取得することで、知的財産に関する2つの国家試験「弁理士試験」と「知的財産管理技能検定」の一部免除を受けることができるという。

 同大学院は、石川県の金沢工業大学(K.I.T.)が2004年に東京・虎ノ門に開設。同大学院では「国際的な産業競争力を強化するには、企業経営やビジネスモデルにおいて知的財産を有効に活用することがますます求められている。これらを結びつけるマネジメント人材を養成したい」としている。

 募集対象は、2年以上の実務経験を有する社会人で、募集定員は40人。口述試験と出願書類により総合的に選考する。研究領域は次のとおり。

【MBAプログラム】
・ビジネスマネジメントコース
・メディア&エンタテインメントコース

【知的財産マネジメントプログラム】
・テクノロジー知的財産コース
・ブランド・デザイン&コンテンツコース
・グローバル知的財産コース

 願書受付期間は11月6日から順次始まる。問い合わせは(フリーダイヤル:0120-757-242)まで。 午前10時〜午後10時まで受け付けている。