動画をもっと見る

 2015年のノーベル賞「生理学・医学賞」は、北里大学特別栄誉教授の大村智氏ら3氏が受賞した。受賞を受け、大村氏が東京の同大薬学部で午後8時半から記者会見を開き、喜びを語った。

【アーカイブ動画】ノーベル医学生理学賞の大村智氏が北里大学で会見

[写真]ノーベル医学生理学賞の受賞会見中には安倍首相から祝福の電話があった(ロイター/アフロ)

 大村氏は、微生物が作り出す有用な化合物を数多く発見。抗生物質「エバーメクチン」からは熱帯地方の感染症の治療薬がつくられるなど、医学・薬学分野などでの功績が評価された。

 生理学・医学賞での受賞は、1987年の利根川進氏、2012年の山中伸弥氏に続き3人目。