接近した金星(右)と木星。左下の赤い星が火星(10月26日午前4時45分、都内で撮影)

 10月26日の明け方、金星と木星が仲良く並んで明るく見えました。夜明け前の空にあって、際立って目立つほどきらびやかです。火星も二つの惑星の近くに並びました。明日以降もしばらくは、木星と金星が近づく様子が明け方に観察できるでしょう。
 

最大離角とは

 国立天文台によると、この日の金星は「西方最大離角」となりました。

 水星や金星のように、地球の内側にある惑星のことを内惑星(ないわくせい)、木星のように外側にある惑星を「外惑星(がいわくせい)」と言います。地球から見て、この内惑星が太陽から西側に一番離れた時を「西方最大離角」と言い、東側に離れた時を「東方最大離角」と呼んでいます。