[写真]今年2月、米ロサンゼルスのロナルド・レーガンUCLA医療センターで耐性菌「スーパーバグ」に多数の患者が感染した疑いがあると発表された。同センターでは7人が感染し、うち2人が死亡した(ロイター/アフロ)

 11月に入り、風邪やインフルエンザウイルスにかかる人が増えてくる季節になりました。もしも風邪をひいて病院へ行った場合、医師に処方される薬はどのようなものでしょうか? 解熱剤、胃薬、痰を切る薬──。「あれ、抗生物質がない」と思うかもしれませんね。場合によっては、抗生物質が出されることももちろんありますが、一般的に、風邪で抗生物質が処方されることはあまりありません。こちらから強く希望すれば、もしかすると出してくれる医師もいるかもしれませんが、きっぱりと断られることもあるはずです。なぜでしょうか? それは、11月16日からWHO(世界保健機関)が呼びかける『ある取り組み』と大いに関係します。

【図】ノーベル生理学医学賞 大村智氏が着目した「放線菌」とはどんな微生物?

そもそも抗生物質ってなに?

 抗生物質とは、微生物から抽出された物質のこと。たとえば、2015年10月にノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智博士(北里大学)は放線菌からエバーメクチンを抽出しました。この物質はもともと、細菌同士が縄張り争いをするときに、自分の陣地を広げるために他の細菌を殺す目的でつくっています。これをうまく細菌から取りだし、薬にしたものが抗生物質です。近年は、人工的に細菌を殺す薬もつくることができるようになったので、抗生物質と合わせて「抗菌薬」と呼ばれています。菌を殺すための薬なので、実は大半の風邪には効果がありません。

[写真]風邪で咳き込む人

 風邪の多くは、風邪を引き起こすウイルスが原因と考えられています。ウイルスが体内で増殖するのを抑えてくれるのは、抗ウイルス薬といいます。インフルエンザウイルスにはタミフルやリレンザといった抗ウイルス薬が処方されます。ですが、いわゆる風邪の原因となるウイルスは100種類ほどあって、それらをいちいち特定するよりも、体の本来の力で治るのを待つ方が早い場合がほとんどです。

 風邪を引いて病院に行った時、医師が「抗生物質も出しておきますね」と言ってくれたら、「なんのために出すのですか?」と勇気を出して聞いてみるのもいいかもしれません。もちろん、風邪ウイルスの感染によって体の抵抗力が弱まっているときに、別の細菌が感染するのを防ぐ目的でお年寄りなど体の弱い方に処方するという場合もあります。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします