#03 経済成長の証(その2)

(2015年7月)

(2015年7月)

来年に完成予定である高級コンドミニアムの建設現場を案内してもらった。屋上には街を見渡せる絶景のプール、部屋の内装にはすべて特注の高級素材を使うという、このハイ・エンドな物件の価格は、ワンユニットなんと1億円以上。まだ部屋の仕切りができた段階で、高級感など感じるべくもないので余計にたまげてしまう。

これほどではないにしても、コロンボのちょっといい住宅地では、3、4000万円台のマンションがごろごろしている。東京と同等か、場所によっては高いくらいの感覚だ。さらに、そんな物件のほとんどに買い手がついているというのだ。

「俺たちの暮らしはちっとも楽にはならないけどね」

この物件の話をすると、顔なじみのオート三輪の運転手が目を回してぼやいた。どこの国でも同じだが、経済成長の恩恵が、彼のような低所得層にまでいきわたることはほとんどない。「持つ者」だけが着々とその富を倍増させていくのが現実なのだ。

(2015年7月)

Copyright (C) Kuni Takahashi. All Rights Reserved.