[写真]引退会見にのぞむ澤穂希(撮影:山本宏樹/DELTA PHOTO)

 サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)を長年けん引してきたINAC神戸のMF澤穂希(ほまれ)(37)が17日、都内で引退会見を行った。「心と身体が一致してトップレベルで戦うのが難しくなったと感じたから。人生最大の決断になったが、本当に最高のサッカー人生だった」と引退理由を語った。

以下は会見全文。

【動画】引退の澤穂希「心と体が一致してトップレベルで戦うのが難しくなった」

本当に最高のサッカー人生だった

司会:きのうの午後2時、リリースを発表しまして、本当に驚かれた方が多いと思います。澤選手自身もこの、いろいろな問い合わせの対応も大変だったと思いますが、今日はじっくりと、ゆっくりとこの場でお話をしていただきたいと思います。
 
 ではまず澤選手ご自身の言葉で皆さんにお伝えしてもらいたいと思います。よろしくお願いします。

澤:このたび私、澤穂希は、今季をもちまして現役を引退することを決断しました。引退の一番の理由は、心と体が一致してトップレベルで戦うことがだんだん難しくなってきたと感じたからです。

 人生の最大の大きな決断となりましたが、悔いのない、やり切った、本当に最高のサッカー人生でした。残り、皇后杯、最大で3試合残っています。今までたくさんの方々に、応援していただいた皆さんに感謝の気持ちを込めて精いっぱいプレーし、サッカー選手・澤穂希として最後、生きざまを見せたいと思います。今まで応援してきてくださった全ての方々に感謝したいと思います。皆さん、本当に長い間ありがとうございました。

司会:感極まるような、そんなシーンがありましたが、今のお気持ちはどうでしょうか。

澤:もう本当に長い間、サッカーを続けてきてたくさんのことを経験して、本当に悔いのない、本当にやり切ったなって思えた、本当に最高のサッカー人生だったという、本当に今はそういう心境でいます。

司会:引退発表を皆さん聞いて、本当に驚いていろいろ聞きたいなということがあると思います。引退を決めた時期というのは、いつだったのでしょうか。