#01 対策なきインド

(2015年1月撮影)

 今月はじめ、パリで開かれた地球温暖化対策の国連会議COP21で、「パリ協定」が採択された。これは温室ガス削減に向けての、先進国のみならず、途上国を含めたすべての国による取り決めで、京都議定書以来18年ぶりの歴史的なものだ。ガス削減目標に対する義務化が見送られるなど、つめが甘いなあという感じは拭えないが、それぞれの国のエゴを付き合わせての議論だから、現実的にはこれが精一杯なのだろう。

 中国と並び、経済発展の影で環境汚染の著しいインドも、温暖化対策の重要なキープレーヤーだ。しかし、国民の間に大気汚染に対する不安が高まり、政府も対策を取り始めた中国に対し、インド政府はまだのらりくらりの対応ばかり。一般市民にもまだ危機感は薄く、ひどいスモッグのなか自衛のためのマスクを着用する人の姿もほとんど見かけることはない。

 世界で最も汚染された20都市のうち13がインドにあるという不名誉にも関わらず、インド政治家たちの重い腰はなかなか上がらない。

(2015年1月撮影)

Copyright (C) Kuni Takahashi. All Rights Reserved.