以心伝心でファーサイドに集まった。1対1で迎えた後半終了間際に矢板中央(栃木)が獲得した左コーナーキック。それまではニアサイドにキャプテンのDF星キョーワァン(3年)、ファーサイドにはFW森本ヒマン(3年)がポジションを取っていた陣形が変わる。

 184cmの星と187cmの森本、そして184cmのDF川上優樹がそびえ立つファーサイドに、大分(大分)の守備陣の関心が引きつけられる。この時点で、勝負はついていたのかもしれない。

 12月31日に等々力陸上競技場で行われた、全国高校サッカー選手権の1回戦に決着をつけたワンプレー。計算通りだったとばかりに、星は「長身の選手たちが囮になりました」と逆転劇の舞台裏を明かしてくれた。

「ニアサイドで点を取ろうと、みんなで決めていたので」

 FW人見拓哉が蹴ったボールが緩やかなカーブを描きながら、ポッカリとスペースが空いたニアサイドを目指して飛んでくる。次の瞬間、飛び込んできたDF真下瑞都(2年)が頭を一閃。劇的な決勝点が生まれた。
 中学3年のときに軟骨を痛め、手術まで施された左ひざが再び疼き始めていたエースの森本をベンチでスタンバイさせた初戦。前半を0対0で折り返すプランは、終了間際の失点で崩れ去った。
 
 迎えたハーフタイム。高橋健二監督の「このままでは終われない」という檄とともに送り出された森本の高さが、流れを変える。敵陣でスローイングを得るたびに、真下が得意のロングスローを放り込む。
「スローイングのたびに、フリーキックを与えているようなものだった」

 大分の朴英雄監督の懸念が現実のものとなったのは後半12分。右サイドから真下が放り込んだロングスローを、3人の相手に囲まれながら森本が競り勝つ。ジャンプ一番、頭ひとつ抜け出した高さから叩きつけられたヘディング弾が、相手GKが必死に伸ばした左手の先をかすめてゴールネットを揺らした。

 試合中に右ひざも強く打ちつけ、終了後には両ひざをアイシングしながら取材エリアに姿を現した森本が、流ちょうな日本語で「試合前には(痛み止めの)座薬を打っていました」と殊勲のゴールに胸を張る。
「負けているときに、自分がゴールすればチームが楽になる。毎日のようにロングスローからゴールを狙う練習をしてきました。監督からは『ボールをもったら前を向け』と指示を受けていました」