この写真は、母の財布の中にあった小銭です。買い物の際、お札でばかり支払いをした結果、小銭だらけになるという認知症の典型的な症状のひとつです。今回は小銭ではなく、もっと大きな介護にかかるお金に関するお話です。

なんとかなるさ! 認知症でも、遠距離介護はできる!!

一般的な介護にかかる費用はどれくらい?

認知症の人は買い物の際、お札ばかりを使うことで、財布の中が小銭だらけになる

 家計経済研究所発表の 「在宅介護にかかる費用(2011年)」 によると、1カ月平均で6万9,000円です。これには訪問ヘルパー、デイサービスなどの介護サービス費、医療費、おむつ代など介護サービス以外の費用が含まれています。また 「認知症の状態別にみた費用」 では、認知症軽度の方で1カ月平均2万8,000円~6万7,000円、中度の方が2万9,000円~5万9,000円、高度の方が5万7,000円~12万6,000円という結果です。

 生命保険文化センター発表の「生命保険に関する全国実態調査(速報版・2015年)」によると、介護期間(介護が終わるまでの期間)の平均は、4年11カ月です。上記1カ月平均を使って計算すると、在宅介護にかかる総費用は407.1万円となります。

 住んでいる地域や介護される人の症状、治療方針によって介護費用は大きく変動します。また介護施設を利用すると、毎月数十万の費用がかかります。平均値は、介護のための貯金額の目安にはなりますが、各家庭まったく違うものと考えるべきです。

 ここでわが家の1カ月にかかる介護費用を見ていきましょう。

著者の1カ月にかかる介護費用

 月2回ほど岩手県へ帰省するので、交通費が一番かかります。ピーク時は交通費だけで月10万円を超えましたが、介護サービスを利用することで帰省頻度を減らし、月4万円になりました。またJR東日本の場合、「えきねっと」でネット予約が可能で、最大35%オフで購入できます。

 認知症のお薬代は、健康食品も購入しているため、余計に費用がかかっています。もっと節約が可能ですが、認知症治療に関しては軽度である今のうちに試すことに意味があると考え、攻めの支出をしています。