金銭授受疑惑が報じられている甘利明経済再生担当相が28日午後5時から会見した。建設会社側から自身に計100万円が渡ったことを認め、「適切に処理した」と説明した。一方で、地元秘書が500万円を受け取り、うち300万円を使い込んだことが判明。「秘書のせいと責任転嫁できない。閣僚の職を辞する」と辞意を表明した。

【写真特集】金銭授受疑惑で甘利明経済再生担当相が会見

 金銭授受疑惑は週刊文春が報じたもので、千葉県の道路工事をめぐる千葉県の建設会社と都市再生機構(UR)のトラブルをめぐり、建設会社側が甘利側に口利きを依頼し、甘利氏と秘書が計1200万円の現金授受や飲食接待を受けていた疑いがあるという内容。甘利氏自身については、2013年11月に大臣室で、14年2月に神奈川県大和市の地元事務所で、それぞれ現金50万円を建設会社側から受け取ったと報じられている。

会見する甘利明経済再生担当相

 今回の疑惑については、もし事実であれば、政治資金規正法やあっせん利得処罰法などに触れる可能性があるとの指摘が出ている。