5日午後6時56分ごろ、鹿児島県の桜島で爆発的噴火があった。これを受け、気象庁は噴火警戒レベルを「2(火口周辺規制)」から「3(入山規制)」に引き上げ、火口から2キロの範囲で噴石や火砕流に警戒を呼びかけている。

【中継録画】桜島が噴火 気象庁「さらに大規模な噴火の兆候はない」

[写真]いまのところさらに大規模な噴火が発生する兆候はないと説明する北川貞之火山課長

 同庁によると、噴火したのは昭和火口で、噴煙は2200メートルまで上がった。マグマ噴火とみられ、噴火の大きさとしては大規模なものではないという。

 同日夜、会見した北川貞之火山課長は「さらに大きな規模の噴火が発生する兆候はいまのところ観測されていない」と述べた。昨年9月16日以降、桜島は爆発的な噴火が発生していなかったが、マグマの供給は続いていたとして、「しばらく休みがあったものの、これまで起きていたものと同程度の噴火が起こった」との見方を示した。

■桜島噴火の様子(気象庁提供)