オコエは、課題のバッティングが日々成長している。開幕1軍切符をぐっとちかづけた。(写真・黒田史夫)

 やはりオコエは大物かもしれない。
「球春ミヤザキベースボールゲームズ」の西武と楽天の練習試合が24日、宮崎でサンマリンスタジアムで行われ、「8番・センター」でスタメン出場した楽天のドラフト1位、オコエ瑠偉(18)は、二回一死二、三塁のチャンスにレフト前へ2点タイムリーヒットを放った。すかさず盗塁にも成功。これで練習試合、オープン戦の7試合での通算打点をチームトップの「9」に積み上げた。
 
 驚くべきは、その中身だ。
 西武の新外国人左腕、バンヘッケンのインサイドをえぐられたストレートに詰まってバットは根元から真っ二つに折られて、その瞬間、オコエも目を丸くしたほどだったが、打球は前進守備をしいていたショートの頭を超えた。しかも、そのバットは打席に入った時点で最初から折れていたというから、もう伝説である。

「バットを折ったのが初めてなのでよくわからなかったんですが、フリー打撃でおかしいなと思っていたらヒビが入っていたみたいです。先輩方が作ってくれたチャンスに打点がついてラッキーですが、今はすべてが学んでいる課程。運がいいですね」

木製バットに慣れずにキャンプ初日に池山打撃コーチから芯の見分け方を教えてもらったくらいだから、ヒビが入ったことは見抜けなかったのかもしれない。それでもバンヘッケンは、まだ調整途中といえど、韓国で4年連続2桁を勝ってきた今季の西武のローテーション候補。ストレートで押すタイプではなく、どちらかと言えば変化球投手だが、内、外と揺さぶられながら、インサイドに対応したのは評価できるだろう。しかも、しっかりとした形で振り切ったからこそ、折れたバットでも、ボールがヒットゾーンに落ちたのだ。

「インサイドは、しっかりと振れば詰まってもヒットになるからと、池山コーチにアドバイスを受けていたので、その通りに振りました。ランナーがいましたが、そこは何も考えていません。まだ細かいことを考えられるレベルにないので、自分の形で打つことだけを考えています」

 実は、沖縄・金武の二次キャンプから、池山打撃コーチの指示でゴムバントを引っ張って、バットの軌道を最短距離にヒッティングポイントまで持っていくという矯正トレーニングを続けている。

「吸収力がすごい」と、池山打撃コーチが驚くほど、器用に教えられたことを実践に移す力を持っているオコエは、さっそく、その正しいプロのスイングでバットを折りながらのタイムリーを打ってみせたのである。
 また明らかにバッティングの形が進化してきている。