前回、紹介した渡辺氏の「お粥」発言は、公平性を重視しなくてもよいという意味になりかねませんから問題発言ではあるのですが、経済メカニズムが持つひとつの側面を映し出しているともいえます。経済に関する大失言として有名なのは、1950年に池田勇人蔵相(当時、のちに首相)から出てきた「貧乏人は麦を食え」でしょう。

【連載】政治家失言暴言録

日本人の所得を大きく向上させた池田勇人首相(写真Koch, Eric / Anefo)

 コメの価格について質問された池田氏は「所得に応じて、所得の少ない人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような、経済の原則に則った方向にしたい」と発言。貧乏人は麦を食えということかと大問題になりました。

 当時の日本経済は、太平洋戦争という無謀な戦争の後遺症から猛烈なインフレが進んでいました。政府はこれを阻止するため、GHQ(連合国軍総司令部)の指示のもと、強烈な引き締め政策を実施しました(ドッジライン)。このため企業倒産などが相次ぎ、経済は非常に苦しい状況となっていたのです。

 池田氏は戦争の遺物である統制価格を廃止し、自由な価格形成を推奨すべきと考えていたため、この発言につながってしまったようです。また池田氏は「中小企業が倒産することがあっても仕方がない」「企業の倒産によって自殺者が出ることになってもやむを得ない」といった趣旨の発言も行っており、やはり物議を醸しています。

 ちなみに池田氏は大蔵官僚出身のエリートで、1年生議員であるにも関わらず大蔵大臣に就任しました。「麦を食え」発言はこの時のものなのですが、政治家としては未熟だったことも影響したようです。池田氏はこうした発言をする一方、日本経済に対して多大な貢献をしています。1960年には首相に就任、「所得倍増計画」を打ち出し、日本人の所得を大きく向上させました。時代の波に乗った面もありますが、豊かな日本経済の基礎を作ったという実績も忘れてはならないでしょう。

 池田氏は、自身の発言が極めて大きな影響を与えることを自覚し、国民とのコミュニケーションを心がけるようになったといわれています。自身の政権では「低姿勢」と「忍耐」を徹底し、分かりやすい政策を心がけました。その結果として花開いたのが「所得倍増」だったわけです。池田氏はエリートであったが故に冷酷な発言をしてしまう一方、エリートだからこそ、状況を的確に理解し、低姿勢と忍耐を実践できたのかもしれません。

(The Capital Tribune Japan)