侍ジャパンの台湾代表との強化試合、第2戦が6日、大阪の京セラドームで行われ、重盗を仕掛けられ1点を先制された日本は、4回に2番の広島・菊池の気迫溢れるプレーをきっかけに同点に追いつくと、5回に楽天・銀次の勝ち越しタイムリーに続き、1番に入っていた広島・丸も追加点を弾き出して逆転に成功。9回には4番に座った横浜DeNA・筒香の2ランなどで大量6点を奪い9-3で連勝した。
   

 手痛いミスから先に失点した。
 先発のソフトバンク、武田が三回、守備の乱れなどで、一死一、三塁のピンチを背負う。王柏融をショートライナーに打ち取り、二死にして、昨季、台湾球界初のトリプルスリーをマークした林智勝を迎えたところで電撃のダブルスチールを仕掛けられた。三塁走者のスタートは速かったが、炭谷は迷わず二塁へスロー。送球を途中で、カットするようなオプションを日本は用意しておらず、ベースカバーに入った今宮が、すぐさまバックホームしたが、間に合わなかった。三塁走者の林智平は、台湾プロ野球で2年連続盗塁王を獲得していた韋駄天。打者を追い込み、走者にノーマークとなってしまっていたが、1点を争う国際試合では命取りとなる準備不足のミスだ。

 1点を追うことになった日本は、4回、2番手の台湾歴代1位の124勝を誇る藩威倫の初球を、菊池が意表をつくセーフティバント。ピッチャー前に転がったが、一塁へ気迫のヘッドスライディングを敢行、処理したピッチャーの送球がそれると、さらに二塁へもヘッドスライディング。再び送球が乱れて、菊池は一気に三塁を陥れ、ベース上で両手を叩いた。無死三塁からロッテの清田が死球で歩き、一、三塁となって、4番の筒香が、センター後方に、あっさり同点犠飛。「ランナーを返すことだけ考えていた。最低限の仕事はできたと思う」。侍戦士の気持ちを表に出したプレーで得点につなげた。

 5回にも一死からソフトバンクの今宮がセンター前ヒットで出塁すると、続く楽天・銀次の初球に盗塁成功。銀次も「目の覚めるようなライナーをライト前に弾き返し、ライトの処理ミスも手伝って勝ち越しに成功。
さらに二死二塁で台湾は、ピッチャーを左腕へスイッチしてきたが、1番に入っていた広島の丸が「打線の流れに乗させてもらった」と、カーブをセンター前へ。昨季のレギュラーシーズンで苦しんだ「菊ー丸コンビ」が躍動してリードを2点に広げた。