山形県新庄市立明倫中学校で1993(平成5)年、当時1年生の生徒が体育館用具室のマット内で死亡した事件をめぐり、遺族が民事裁判で確定した損害賠償約5760万円の支払いを元生徒3人に求める裁判を山形地裁に起こしました。事件に関わった元生徒からの支払いがいまだなく、時効による損害賠償の請求権消滅を防ぐ目的があるとみられます。しかし、司法の場で決められた損害賠償の支払いに強制力はないのでしょうか? 判決に従わなくても逮捕されたりしないのでしょうか?

民事裁判での損害賠償の位置付けは?

 報道によると、損害賠償請求権の時効である10年が経つ昨年9月までに、元生徒4人には強制執行がされました。しかし、残る3人からは支払いがなく、遺族は今年1月12日付で彼らを提訴したとのことです。この3人にも強制執行の手続きを進めていましたが、差し押さえる財産が把握できなかったことから、裁判に踏み切りました。

[資料写真]裁判所の損害賠償命令に強制力はないのか?(アフロ)

 このように民事裁判の判決に従わないことは問題ないのでしょうか? まずは、刑事裁判と民事裁判の違いから考えてみましょう。最初に刑事裁判です。これは、「犯罪をしたと疑われる人間」が本当に罪を犯したのかどうか、そして、犯罪をしたとしてどれくらいの罰を与えるべきかどうかを判断する裁判となります。

 一方、民事裁判は、個人の法的な紛争・トラブルについて、裁判官がどちらの言い分が正しいかを判断する裁判になります。そして扱う内容は財産権、つまりお金の問題となるのです。いじめ問題などを扱うレイ法律事務所の高橋知典弁護士は、「刑事と民事では、罪を裁くのか個人間のトラブルを裁くのかという違いがあるのです」と話し、そのトラブルの解決のひとつとして、民法上、不法行為に基づく損害賠償請求等が定められていると指摘します。

民事裁判の判決に強制力はあるの?

 民事裁判の判決にも、もちろん強制力はあります。それは「強制執行」という手続きです。強制執行は民事執行法に定められた制度で、債務名義(確定判決などの文書)に基づいて、私法上の請求権の実現に向けて国が権力を発動させることです。債権者(原告)が申し立てたり、一時的に強制執行費用の支払いをしたりする必要はありますが、強制執行をすることはできるのです。

 例えば、1000万円のお金の貸し借りがあったとします。裁判所がこの事実を認め、原告に返す必要があるという判決が出ても被告が返済しない場合は、被告の財産に強制執行をかけることができるのです。