クワガタムシはカブトムシと並んで、最も人気のある昆虫のひとつです。外国産ともなると、より大きいものもあり、色や形もさまざまでとても魅力的です。日本人の昆虫飼育が好きは、しばしば海外メディアでも話題になるほど。その歴史は意外に古く、いまでは日本産だけでは飽き足らず、外国産を輸入してしまうほど親しまれています。

 しかし、専門家が訴える輸入クワガタムシが引き起すさまざまな弊害はあまり知られていません。輸入クワガタムシの問題と日本人が輸入してまでクワガタムシを飼育したいという理由について、国立研究開発法人国立環境研究所の五箇公一さんが解説・検証していきます。

終わりなき外来種の侵入との闘い

空前のクワガタ飼育ブームのあとで

輸入されたスマトラオオヒラタクワガタと日本産ヒラタクワガタの交雑実験

 ここ最近は、ブームも沈静化した感はありますが、21世紀に入ってしばらくの間、日本では空前の「外国産クワガタムシの飼育ブーム」が、わき起こりました。外国産のクワガタムシやカブトムシを飼ってみたい、という憧れは私たちいまの大人が子どもの頃から抱いていた夢でした。しかし、外国産の昆虫は、場合によっては日本で害虫になる恐れもあるので、多くの種は農林水産省の「植物防疫法」という検疫法で禁止されており、外国産のクワガタムシやカブトムシも、輸入は禁止されていました。

 ところが、クワガタムシの飼育が大きな社会的ブームになろうとしていた1999年の11月に、農林水産省は、突然、外国産クワガタムシ・カブトムシの輸入禁止を一部解除し、42種のクワガタムシの輸入が自由となりました。翌年から、輸入が許可された種の数は、どんどん増えて、2008年までには700種以上が輸入自由となりました。1年間に輸入される個体の数も、100万匹以上。まさに日本はクワガタムシ輸入大国となったのです。

ヒラタクワガタの雑種

 このクワガタムシの輸入が自由となった90年代から2000年代への移り変わりの時期は、外来生物の歴史においても象徴的なときだったのです。WTO世界貿易機関という、自由貿易を促進する国際機関が1995年に設立され、国際的に人とモノの動きが、一層活発となり、生物の移送も、自由化が推し進められた時期だったのです。エキゾチック・アニマルと呼ばれる外国産の動物がペットとして大量に輸入されるようになり、クワガタムシもその勢いで輸入が開始されました。

 やがて研究者たちから大量に輸入された外国産種が野生化して、環境問題を引き起こすのではないかという懸念の声が上がるようになりました。そこで、国立環境研究所でも2001年から本格的にクワガタムシのリスク評価研究を開始しました。その結果、一部の外国産クワガタムシは日本産種と交雑して雑種をつくり、遺伝子の固有性をかく乱するおそれがあることや、外国産のダニが持ち込まれるおそれがあることなどの生態リスクが明らかとなりました。