巨人に端を発した円陣声出し金銭授受問題は、阪神、西武の内部調査でも発覚。どこまで広がるか、球界に不安が漂っている。

 まだこれも氷山の一角なのかもしれない。野球賭博への関与を理由に巨人を解雇され、NPBから無期失格処分を受けた笠原将生氏(25)を、サンケイスポーツが独占取材したスクープから表沙汰になった巨人の円陣での「声出し金銭授受」の問題。阪神の四藤慶一郎球団社長も15日、「うちでも似たようなことがあったことは否定しない。ノックでの罰金や円陣での金銭のやり取りがあった」と“発表”。西武の鈴木葉留彦球団本部長も、同日、似たような「ゲン担ぎ」と称したチーム内の現金のやりとりや、投手陣が練習中のノックのエラーなどで罰金を徴収、オフの選手会イベントで使っていた事例を明らかにした。両球団共にNPBの報告したが、おそらく、今後、さらに他球団でも過去の事例が出てくる可能性は高い。

 私が知っている限りでも、複数の球団が、罰金を小さい単位の額で、徴収して積み立て、オフのゴルフコンペの賞金にしたり、裏方さんへのお礼をかねた特別ボーナスに回していた。“円陣声出し”のように選手間同士で、現金が動くケースに加えて、監督賞などの各種報奨金の現金授受は、ほとんどの球団で行われてきた。

 NPBは、昨年の巨人の内部調査の段階でこの件を把握していたが、「小額であることと敗退行為につながらないこと」を理由に不問に付した。しかし拡大解釈すれば、野球協約の第18章、第177条 (不正行為)の「選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の不正行為をした場合、コミッショナーは、該当する者を永久失格処分とし、以後、この組織内のいかなる職務につくことも禁止される」の(6)所属球団が直接関与する試合について賭をすることーーに触れる。不問にしたのは、もし“拡大解釈”すれば、巨人だけに留まらないことがわかっていたからだ、と推測される。

 確かに「円陣声出し金銭授受」と、反社会勢力とつながる野球賭博への関与の問題は、まったく別次元の話だが、一般の野球ファンからすれば、同じ金と賭けが絡んだ“黒い醜聞”である。
 そして「円陣声出し金銭授受」や遊び半分の罰金などを許す甘い環境が、野球賭博への関与問題につながる背景にあるとも考えられる。
   
 この日、熊崎コミッショナーは、「もとより『円陣声だし』事案が協約違反に該当しなくても、かかる行為は許されるものではない上、先の巨人軍3選手の賭博問題を引き起こす要因、背景の1つになったと捉えており、こうした要因、背景のすべてを根絶し、協約違反の行為に至らないよう、かかる行為を含めた野球に関する金銭授受を一切禁止する旨の通達を1月29日に発令し、再発防止策を実施しているものであります。したがってコミッショナー通達以降は、かような行為を行うようなことはないものと確信いたしておりますが、それ以前においては同様の行為が行われている可能性を否定できず、現在、全球団において鋭意、再度確認調査中であります」という声明を出した。