会見するなでしこ佐々木監督(撮影:山本宏樹/DELTA PHOTO)

 女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督は18日、JFAハウスで退任記者会見を行った。佐々木監督は、「指導者として満足し、かつ充実した経験ができた11年間だった。これを大きな宝物として、自分自身の新たなステージに向かって頑張っていきたい」とすっきりした表情で語った。

司会:ありがとうございます。ではこのまま質疑応答に移らせていただきます。ご質問ある方、挙手にてお願いいたします。マイクをお持ちしますので質問の前に媒体名、お名前をお願いいたします。なお、1回の質問につき1つの質問でお願いできればと思います。それでは、お1人目からお願いいたします。

 では、前方の男性の方からどうぞ。

共同通信:共同通信のイシイですが、お疲れさまでした。大仁さんからもなでしこスタイルというお話、ありましたけど、佐々木監督が指揮してこれだけ結果を出せた理由みたいなところ、要因みたいなところをどういうふうにお考えでしょうか。

なでしこ佐々木監督「指導者として満足し、充実した経験ができた11年間」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします