今年3月26日、ついに北海道に新幹線がやってきます。この「北海道新幹線」は、新青森駅と新函館北斗駅を結び、およそ15年後には札幌までつながる予定です。

 これまで函館~札幌間をつなぎ続けてきたのがJR北海道の「函館本線」です。名前に惑わらされそうになりますが、実は道南「函館」から道央「札幌」を経由し道北「旭川」までをつなぐ、135年以上の歴史を誇る鉄道路線(一部北海道最古の鉄道路線を含む)です。

 この函館本線、実に98の駅を有する路線ですが、それだけ多くの駅があるということは、難読地名もたくさん含まれています。そこで、「北海道の難読地名第2弾」では、新幹線が北海道に到達することを記念して、函館本線の駅名を2回に分けて紹介したいと思います。

【第一弾】北海道人でも“なまら難しい”「忍路」「麻生」「濃昼」……難読地名の旅

まずは道北から

 冬の間、深い雪に覆われる道北地区。北海道の冬では当たり前の風景です。そんな道北地区の函館本線の駅名にも難読地名が隠されています。

[画像]「妹背牛」の標識

●妹背牛
妹の背中に牛? のどかな風景を思い浮かべてしまいますが、コメとハーブの生産を主な産業とする農村地域です。北海道179市町村の一つで、読み方は「もせうし」です。「もせうし」とはアイヌ語で「モセ・ウシ・イ(萱狩りをすること・場所)」が転訛(てんか)したものといわれていて、1898(明治31)年以前は「望畝有志」と表記されていました。

●江部乙
こちらは某ネット掲示板でスレッドを立てたときに掛けられそうな言葉ですが、そのまま「えべおつ」と読みます。アイヌ語の「ユベ・オツ(チョウザメのいるところ!)」が転訛したものなのですが、実際に昭和初期まで江部乙地区の川には、チョウザメが生息していたことを示す資料も残っています。

●幌向
北海道の地名で良く見かける「幌」の字。札幌、上士幌のように後ろにつくパターンもあれば、幌向のように前につくパターンもあります。で、この幌向、「ほろむい」と読み、上幌向(かみほろむい)という駅も存在します。アイヌ語の「ポロ・ムイ」の当て字ですが、意味は「大きな淀み」「大きな渦」「大いなる薮」など諸説あります。