2月17日に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)が交信不能になっている問題で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日午後3時から、記者会見を行う。

写真

 「ひとみ」は、3月26日から衛星の状態が確認できなくなっており、JAXAでは通信復旧への取り組みや原因調査を行っている。会見ではその最新状況を報告する。

 これまでのX線天文衛星「すざく」の100倍の感度を持つ「ひとみ」には、これまでは見ることができなかった遠くのブラックホールを観測して銀河の形成過程に迫ることが期待されている。

※THE PAGEでは会見の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします