撮影:高橋邦典

 以前住んでいたムンバイのアパートでのことだ。ふと窓の外を見ると、線路の上で男たちが何やら輪になってたむろしていた。おおかたトランプ賭博でもやっているのだろう。枕木が平らでカードを置きやすいからだろうが、よりによって線路の上とは……。それも廃線路ではなく、一時間に何本も列車が走る場所だ。

 インドでは毎年2万5000人以上が鉄道事故で命を落とすと言われている。州別ではムンバイのあるマハラシュトラ州が8000人弱と一番多い。何でもありのインドを象徴するような光景ではあったが、トランプ賭博はまだしも、自分の命までギャンブルすることはないだろうになあ。(2012年11月撮影)

Copyright (C) Kuni Takahashi. All Rights Reserved.

フォト・ジャーナル <インド その5>- 高橋邦典 第34回

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします