#01 「木落し」…前宮三

「木落し」直前のシーン。若い衆が「メドデコ」に乗っているのが上社の御柱の特徴

降りしきる雨の中、「木落し」がスタート

無事「木落し」を終え、鳴り物と木遣りのリズムに乗って喜びを表現する

数えで7年に一度だけ行われる諏訪大社の「御柱(おんばしら)祭」。申(さる)年の今年は、その開催年に当たる。山から切り出した巨木=御柱を氏子たちが人力で境内まで曳(ひ)くという独特の祭事で、4月2~4日には、メインイベントの一つ、上社の「山出し」が行われた。 【内村コースケ/フォトジャーナリスト】

・【動画】数えで7年に一度「御柱祭」始まる 見せ場の「木落し」「川越し」に歓声

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします