軽自動車の4車種で燃費試験不正が行われていた問題で、三菱自動車は26日午後4時半から記者会見を行った。不正について国交省に報告した内容などを相川哲郎社長らが説明した。

[写真]会見に臨む相川哲郎社長

 20日の会見では、「eKワゴン」など計62万5000台で不正が判明し、実際の燃費よりもよく見せる数値を採用したり、国内法の定めのない方法で試験したりしていたことを明らかにしている。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします