三菱自、燃費不正会見 益子会長も出席

記者:今、分かっていることを明確に説明してもらって。全体像が分かりませんって説明はよくて、今ここまで分かっているっていうことをもっとクリアに教えてもらいたいんですけど。少なくとも誰が改ざんしたとか、終盤っていつなのかとか、それはタイなのかとか、もしくはそのどの段階、要はMAEの段階で改ざんしたのかと、相談している段階でしたのか、そこを分かっている範囲で教えてください。

横幕:そこの部分につきましては、われわれは最終的な届出の(※判別できず)っていう段階がございます。この燃費値で届出をしてくださいということ、この段階において(※判別できず)およびMAEの人間がその報告するということに関してどういう値にするかということがございますので、その段階においては。
 ちょっと燃費の出し方をご説明しますと、走行抵抗のときにちょっとご説明しましたが、いわゆるトライアルですとか高速惰行法初めにしますけれども、それをシャシダイナモ上に載せて、その際に走行負荷を掛けて(※判別できず)おります。

 で、今回はその走行負荷の部分で、データ的に不適切なデータを使ってたということでありまして、その試験をやったアウトプットの評価と、その評価をした結果としての最終の報告値を決める、このところで問題が起きてるというふうに思っております。
 ですからそこに登場してますといいますか、その場にいる人間はMAEの担当もいますしMMCの人間もいるという状況であります。


記者:すいません、ちょっと事実を確認さしていただきたいんですけれども、それ販売した9車種および販売終了している車種については、正しく走行抵抗を算出していなかったと書いてありますけれども、これ具体的には実際走行データを測らなかったのか、あるいは正しく走行テストをしていなかったのか、実際つまり、実測をしていなかったと。何をもって正しく走行抵抗を算出していなかったというふうに書いておられたのか、ご説明いただけますでしょうか。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】燃費不正で三菱自動車が会見 益子会長も出席