舛添都知事が定例会見 政治資金をめぐる疑惑について

テレビ朝日:テレビ朝日『報道ステーション』平石と申します。

舛添:平石さん。

テレビ朝日:はい。個人的な食事まで、わざわざ領収書をもらって、それが会計担当者に渡し、そして政治活動費として計上されていた。それが何件もあったと。これは返金をすれば済む話なんでしょうか。

舛添:先ほど申し上げましたような理由で、プールしてたお金っていうようなこともあったわけです。それで私自身が払ったり、随行してきた人が払ったりなんで、そういう、ちょっと若干複雑な、この2つのボックスというような話をしましたんで、そこは、これは改めないといけないというふうに思ってますし、それから、先ほども申し上げたように、これは本当におわびをしないといけないというふうに思っておりますんで、きちんと訂正・削除をして、返金をして、そして心を新たに、二度とそういうことがないように、そして仕事をしたいというのが今の状況です。

テレビ朝日:今日の説明で有権者は納得できると思われますか。

【中継録画】舛添都知事が会見 政治資金疑惑について説明