スズキ、燃費測定問題会見(撮影:具志堅浩二)

記者:いいですか。つまり、(※判別できず)をしてたら、ばらつきがある。2010年以降は個別のパーツの抵抗値が、理論値ができるようになった。実測をしながら理論値が出せるようになった。で、理論値の積み重ねを走行抵抗値として2010年以降は出した。ただ、こういうふうに実際には出してみたら、その差にばらつきはなかったが理論値を出した。そういう理解じゃないかと思うんですが、どうでしょう。2010年よりも前はばらつきがあったわけですね。そのときは理論値が出せなかったわけだから、その2010年よりも前はばらついたものをどうしていたんですか。

笠井:1点、理論値と先ほどおっしゃいましたが、ユニットごとに実測をしておりますので、理論値ではなくて、それは実験値になっております。

記者:ただ、その後は理論値ですよね。

【中継録画】スズキも法令外の方法で燃費測定 午後4時から記者会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします