舛添都知事が新疑惑で会見

毎日新聞:いや、知事が反省なさっていらっしゃるのは非常によく分かるんですけれども当時、あえて同じ方に両方お願いしたというのは、はたから拝見すると、同じ方に白紙の領収書を私ほうが、どちらにでも計上できますよね。そういうことをあえて意図して同じ方にお願いしたのではないかと、そういう疑いも持ち得るんですけれども。

舛添:質問の意味は分かりました。ですから、私は少なくともそういう意図でもってやったつもりはありませんけれども今、ご指摘のように、そういうように疑念を持たれるということはこれ、大変恥ずかしいことでありますんで今後、できるだけ早く改善をしたいと思っております。

毎日新聞:そういう意図でないということでしたら、どういう意図でいらっしゃったんでしょうか。

舛添:いや、ですからそれはきちんと会計に精査をしてもらうという意味でやったわけでありまして、それ以上のことはありません。

毎日新聞:でしたら、政治資金の分だけお渡しになったらよろしかったんではないんでしょうか。

舛添:いや、ですから、なぜそうしたかっていうのはこの前、ご説明したとおりであります。よろしいでしょうか。

毎日新聞:そのほうが都合が良かったという。

【中継録画】政治資金で新たな疑惑も 舛添都知事が会見

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします