政治資金問題について第三者に調査を依頼する

舛添:はい。ちょっとお待ちくださいね。それでは、私の政治資金に関しまして、さまざまなご指摘を受け、都民の皆さまをはじめたくさんの方々にご心配とご迷惑をお掛けしていますことを、心から深くお詫び申し上げたいと思います。

 5月13日の定例記者会見におきまして、週刊誌で指摘を受けた点について調査をし、説明をさせていただきました。私の説明に対しましては、分かりにくいとか、信じがたいなどの声がありましたことを真摯に受け止めております。また、その後もほかの支出についてもご指摘を受けているところであります。このような皆さまの声があることを真摯に受け止め、公正な目で見ていただく必要があると考え、今般、私の事務所とは無関係の政治資金規正法に精通した弁護士などに、私の関係政治団体の政治資金の支出を見ていただくことにいたしました。現在、複数の弁護士に打診中でございまして、引き受けてもらえればただちに調査に着手してもらう予定であります。ご意見やご批判があることを真摯に受け止め、第三者の目からしっかりと調査をしていただき、あらためるべきところがあれば、これをあらため、皆さまの信頼回復ができますようにしっかりと対応をしてまいりたいと思います。

TOKYO MX:それでは、今の政治資金の問題等に関しまして質問させていただきます。

舛添:はい。

疑惑が続出しているが、政治家としての責任をどう考えているのか?

TOKYO MX:まずは幹事社のTOKYO MX、ミシマからです。前回の記者会見のときに疑惑が持たれることは政治家として誠に恥ずかしいとおっしゃっていました。その後もさらに疑惑が出てくるような、持たれるような問題が続出しているような状況です。このような状況を踏まえて、政治家としての責任をどのように考えておられるのかということと、また前回の会見のときは知事の職責をしっかり果たしていくと。都民の信頼を回復し、付託に応えると気持ちを話されていましたが、その気持ちにお変わりはないでしょうか。

舛添:まず冒頭申し上げましたけども、本当に都民の皆さま方に今回の件でご迷惑、ご心配をお掛けしましたことを重ねて心からお詫び申し上げたいと思います。しっかりと調査をやっていただきまして、その上で知事として仕事をしっかりやりまして、そして都民の信頼を回復したいと思っております。

TOKYO MX:ありがとうございます。それでは、幹事社からは以上です。各社から質問をお願いします。その際は、各社社名とそれから記者の名前を名乗ってから質問をお願いします。それでは、よろしくお願いします。

舛添:どうぞ。