リオ五輪・男子体操日本代表帰国会見

日本テレビ:日本テレビ「Going!」の後藤と申します。お疲れのところ失礼いたします。内村選手にお伺いしたいんですがよろしいでしょうか。つかの間ではありましたが、久しぶりにご家族の表情を見られていかがでしたでしょうか。

内村:そうですね。1カ月ぶりだったのでなかなか、あの中で話すこともなかなかできなかったですし、顔を見れただけで僕もほっとしたし、この首から下げてるメダルを一番見せたい人たちだったので、それをうまく見せられて良かったかなっていう、ただそれだけですね。

日本テレビ:お子さんが、金メダルを提げた内村選手を指さす姿もあったんですが、そのメダルをかけてあげたい、そういう思いもありますか。

内村:あそこでかけてあげたい気持ちはあったんですけど、やはりそこまで時間もなかったですし、それは家に帰ってゆっくりやってあげようかなとは思います。

日本テレビ:ありがとうございます。

司会:ほか、よろしいでしょうか。はい。

テレビ長崎:団体金の獲得、おめでとうございます。テレビ長崎の吉井と申します。内村選手に質問があります。今回、午前3時の開場にもかかわらず、地元のパブリックビューイング、300人以上集まりまして、北京、ロンドン以上の盛り上がりを感じたんですけれども、帰国第1回の会見ということで、地元の皆さんへのメッセージをいただけないでしょうか。

内村:自身3回目のオリンピックでようやく一番欲しかったものが手に入れられて、これは自分1人だけの力じゃ取ることができなかったですし、やはりチームメートもそうですけど、やはり自分の生まれたところで応援してもらっているっていうのが、やはりすごい熱いものを感じていたので、そういった皆さんに恩返しができるっていうのはすごくうれしいことですし、またこれから地元に帰って凱旋したりっていうこともあると思うので、そこで存分に感謝の気持ちを伝えられたらいいなと思います。

テレビ長崎:まだ決まっていないとは思うんですけれども、内村選手自身は凱旋報告っていうのは、すごく関心持っていてくださるんですか。

【中継録画】リオ五輪・男子体操内村選手ら5名の帰国会見